2008年11月21日

ウェストワールド(1973年)

 マイケル・クライトンが亡くなったので、お弔いに映画の〈記憶〉を彼に捧げようと思う。もちろん「ジェラシック・バーク」シリーズは記憶に新しい彼の代表作ではあるが、彼と映画とのかかわりは思いの外古い。それは僕がまだ小学生の頃からだから、かれこれ35年以上も前の事になる。僕が記憶から掘り起こしている〈テレビの中の映画〉というカテゴリーには、そうとは知らずに見ていたクライトン作品がある。


 まずは「アンドロメダ…(1973年)」で、「アウトブレイク」に先駆けて未知の細菌によってアメリカの片田舎で集団感染が起こり、赤ん坊とアル中の老人を例外として住民のことごとくが血液が固まって死んでしまう。監督は「サウンド・オブ・ミュージック」の名匠ロバート・ワイズ。原作がクライトンの「アンドロメダ病原体」だった。こちらは先頃〈お弔い読書〉したばかりなので、そちらの方で映画・原作あわせて感想を書くつもりだ。

 ここでは「ウェストワールド」の方を紹介しようと思う。これも当時、テレビで何度も放映された映画で、もちろん繰り返し繰り返し見た記憶がある。なんといってもアイディアがシンプルでありながら、何度見ても飽きないおもしろさがある。

 舞台は現代もしくは近未来。最先端の遊園地に大人も子供も楽しんでいる。遊園地ではいろいろなシチュエーションを再現した精巧なパノラマ世界が広がり、そこに入る前に入場者は設定に合わせてコスチュームを着る。世界観を演出するのはたくさんのアンドロイドたちだ。あまりに精巧なので見た目では人間と区別がつかない。ここらへんの設定は70年代の映画としては秀逸だ。だってほとんどSFXを必要としない演出ではないか。

 美人アンドロイドを口説いて一夜を共にすることもできるし、思いっきり相手をぶちのめす事ができる。どうやら子供向けではなく大人たちの慰安を与えるレジャー施設のようだ。「ウェストワールド」とは、レジャー施設の名前ではなくそういったアトラクションエリアの一つの名前だったか。とにかくメインは西部劇の舞台のようなエリアだ。そこではみんな思い思いの扮装して、登場するアンドロイドのならず者を倒す。どんなに拳銃を打っても大丈夫。アンドロイドに向けると弾がでるが人間に向けて発射されないようにできている。例のアシモフの「ロボット3原則」よろしく、アンドロイドは人間に危害を加える事ができないのだ。

 このならず者の中でも特に異彩を放っているのが、ユル・ブリンナー扮する名うてのガンマンだ。当時、すでに「荒野の七人」は制作されていただろうか。黒澤の「七人の侍」で言えば志村喬の役どころを演じたくらいだから、非常に精神的にも肉体的にも強いガンマンに見える。しかし、このウェストワールドではいいところを見せられない。一方的に人間たちを楽しませて打たれるしかないのだ。

 ところが、ブリンナーたちアンドロイドたちが何故か謀反を起こす。打たれても倒れない、しかも人間に向けて彼らの拳銃から実弾が発射されてしまうのだ。先ほどの一夜をともにしようとした男性は美人アンドロイドに寝首をかかれる。「アンドロメダ…」同様に、この映画もブリンナーをのぞけば有名な俳優はほとんど出ていない。いや、逆に一連のホラー映画のように、心底ふるえるような恐怖を演出するには、手垢のついた人気スターなどはかえって邪魔なのかもしれない。

 ああ、そうか。今振り返ってみると、これって「ターミネーター」のようなテイストもあるし、「13日の金曜日」に代表される、逃げても逃げても怪物がおいかけてくるホラーのテイストの映画の先駆けでもあったんだな。そして、これがマイケル・クライトン自身の監督作品だと言う。後年それを知ってクライトンの多才さに驚いた。いったいいくつの顔を持っているのだろう。

↓クリックの応援よろしく!
banner_02.gif
人気ブログランキング
posted by アスラン at 12:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 記憶の映画を探して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109980016
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。