2009年07月09日

監督、犬好きなの?「HACHI 約束の物語」

 リチャード・ギアが「HACHI 約束の物語」のキャンペーンで来日して、渋谷のハチ公とご対面したそうだ。あんなに混雑するところで、よくもまあイベントを結構したもんだと驚いてはみたものの、映画自体にはさして興味もないからスルーしようと思ったら、監督の名前が目に入ってしまった。

 ラッセ・ハルストレム監督。そうなのかぁ。あの「サイダーハウス・ルール」の、いや「ショコラ」の監督さんだ。いや、この〈あの〉の使い方は間違ってるかもしれない。あの「ギルバート・グレイブ」の監督さんと紹介したほうが説得力があるかもしれない。主演がジョニー・デップで、障害を抱えた弟役に、子役としては充分すぎるほどの実力を示してくれたレオナルド・ディカプリオ。そうなのだ、いまあげた3つの映画をみるだけで、非常に個性的な感性で、かつ非常に職人的な才能をもつベテラン映画作家である事は充分わかってもらえるだろう。

 いや、やっぱり、〈あの〉の付け所を間違えている気がする。これは僕的に感じることだけれども。僕にとっては、あの「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」の監督作品という事が重要なのだ。この作品が長編6作目だったそうだが、日本に紹介されたのは、これが初だったと思う。日比谷にあるシャンテ・シネで見たはずだ。当時はスウェーデンの監督はベルイマンぐらいしか思いつかず、珍しい存在だった。作品も監督の個性なのか、スウェーデンという風土によるものなのか、よくは分からないが、ストーリーも登場人物たちの性格も独特な味わいがあった。

 この映画の主人公の少年の、きらきらとした屈託のない性格は「ギルバート・グレイブ」の弟に引き継がれている。この映画にも犬が重要なモチーフで登場する。ソビエトの衛星の乗せられて宇宙の彼方に消えてしまったライカ犬のエピソードが、それだ。少年は、このかわいそうな犬を引き合いに出して、「彼よりは僕は哀れじゃないだろう」と自分の置かれた境遇を納得しようとするところが、非常に印象的だった。

 そうなのだ。ハルストレム監督は、その後ハリウッドに招待されて、米国で映画を撮るようになっていた。そして僕からすると、またしても犬の映画を撮ることになった。犬が好きなんだろうか?そうだろう、そうですよね、監督さん。急に観たい映画に昇格した。ツンカンだ!
posted by アスラン at 12:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ツンカン!(あっ、あれ観たい) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。