2009年07月30日

無名の名優がまた一人逝く(山田辰夫さん死去)

 「俳優の山田辰夫さん死去」という見出しをウェブの記事で見つけて、山田辰夫って誰だっけ?知ってる役者さんかなぁととぼけた反応を見せてしまった。写真を見て「あぁ、死んじゃったんだ」とビックリした。まだまだ若いはずだ。53歳で亡くなられたのか。

 僕は確かにこの俳優を知っている。「狂い咲きサンダーロード」で狂気にも似た雄叫びをあげてスクリーンの中を暴れ続けた主役の若者が彼だった。もう彼が「狂い咲きサンダーロード」の記憶そのものであって、それ以外のものではなくなってしまうくらい、強烈な印象を与えてくれた。それなのに、僕は当時も今もあの若者の名前を知らなかった。今や年輪を重ねて熱い狂気は押し隠してしまったが、相変わらず存在自体に「狂い咲きサンダーロード」の陰影を焼き付けた名脇役として、いつでも彼はスクリーンやテレビ画面に登場した。おじさんと呼ばれる年齢になっても、彼はやはり永遠の「怒れる青年」だった。そして、僕はこの名優の名前を知る事はなかった。

 亡くなった今となって、初めて僕は彼の名前を知った。俳優・山田辰夫。もう忘れる事はないだろう。石井聰亙という希有の監督を世に送り出したのは、監督自身の狂気だっただろうし、それに応えた若き無名の役者・山田辰夫の狂気だったはずだ。

理由(2004)
クロエ Chloe(2001)
BeRLiN(1995)
「さよなら」の女たち(1987)
沙耶のいる透視図(1986)
狂い咲きサンダーロード(1980)


ざっとみて、これらの映画で山田さんの演技を見かけているはずだ。近くて大林宣彦監督の「理由」では確かに記憶がある。それ以外は脇役の運命だろうか、どの役だったかを思い出せない。残念だ。おくやみの記事にあるように「狂い咲きサンダーロード」は山田さんの出世作であり、おそらく唯一と言っていい主演作であった。この夏に追悼作品としてどこかで放映してくれないだろうか。

ご冥福をお祈りします。
posted by アスラン at 19:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 記憶の映画を探して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124629428
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。