2009年11月30日

ブラタモリ(NHK)

 この秋になって「空から日本をみてみよう」と「ブラタモリ」と、僕の好きな散歩番組が相次いで始まった。これは偶然なのだろうか。いや、昨今の歴史ブームから、もう一度「都市としての東京(あるいは大都会)」を見直してみようという事だろう。ただ単にあるものをそのまま見るのではなく、トータルな都市として見る。あるいは歴史の堆積として見る。これは都市をコード(言語)として見る、一種の言語論だ。だが、そんな理屈はどうでもいい。ただ、僕にとっては「ぶらり途中下車の旅」や「ちい散歩」タイプの散策番組では物足りない部分を補ってくれる番組の出現に、拍手を送りたい。

 とくに「ブラタモリ」が面白い。以前から、タモリが古地図好きで、都市の過去の姿と現在の姿を重ね合わせて、何事かを語れる人間である事はなんとなく知っていた。「タモリ倶楽部」では鉄道マニアとしての知識を開陳するだけでなく、川沿いを探索して江戸の痕跡を探り当てていく趣向に感心していた。こんな番組を平気でさらっと企画してしまうのは、今のところタモリをおいてはいないのではないか。そのタモリの余技に目をつけたNHKが、エンターテイメント番組にしてしまうとは思わなかった。なかなか素晴らしい着想だ。

 タモリは番組の中でさかんに「坂道は昔とほぼ姿を変えていない」と繰り返し言うのだが、何故そう断言できるのか不思議だった。坂道を頼りに、古地図と今の地図を重ね合わせて探索すると、確かに坂道は昔から今の位置に変わらずある事が多いのだ。その意味を今ひとつ理解しかねたのだが、タモリが出している「タモリのTOKYO坂道美学入門」を最近借りて読んでみると、本当に坂道の場所は今と全くと言っていいほど姿を変えていないのに驚かされる。

 よくよく考えれば、坂は高低差がある土地に生まれ、そこの尾根伝いに作られる。高低を切り崩す事はそうそうできるわけはないので、坂道の位置もおのずと変化しない。平地は区画ごと変貌してしまう事が時としてあり得るが、坂は変わらない。変えられないといった方が正しいか。そこが何とも面白い。

 あとは想像力の問題だ。東京には、至る所に歴史がごろごろしている。アシスタントにわざと物を知らなそうな若い女子アナを添わせるのは、タモリを引っ張り出してきたプロデューサーの戦略が感じられる。
posted by アスラン at 03:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | TVダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134287723
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。