2009年12月24日

ザ・ムーン(2009年12月23日)

 息子の誕生日にポケモンのDVDを借りるついでに借りてきた。ドキュメンタリーのコーナーにさりげなく置かれているので、よっぽどのことがないと借りる人はいないかもしれない。だが、この映画は劇場公開時に「観たいなぁ」と思って忘れていた作品だった。

 「アポロ13」のロン・ハワード監督がプロデュースした作品なので、少なくとも「アポロ13」ぐらいは面白いはずと勝手に期待していた。いや、「アポロ13」を当時立ち見で観た時も、リアルタイムで事故報道をハラハラして見守った世代の僕としては、現実の凄さを伝え切れていない歯がゆさが残った。ドキュメンタリーを超える事は、いかなSFX技術が進歩しても難しいという当たり前の事を実感させた映画だった。

 当然ながら、この「ザ・ムーン」では1969年に現実に起きた〈奇跡〉をもう一度体験できるのだと思ったのだ。しかし、期待したほどには面白くない。本編を見たあとに、付録の予告編を見ると、「月に行った人々はいまだに13人しかいない。月に着陸した人(ムーンウォーカー)は9人しかいない」という魅力的なキャッチコピーが、これまた見事な映像とともに流れる。残念ながら本編では、このコピーがあまり活かされていない。

 ドキュメンタリーでもなく、事実に基づいたフィクションでもない。どちらかというと、NASAが提供した未公開映像をかき集めて、テレビ出演をOKしてくれたアポロの宇宙飛行士たちのユーモアとフィロソフィー溢れる言葉とともにコラージュした。当然ながら隠棲してしまったり宗教的な静けさを求めたりした飛行士たちの言葉は含まれない。

 編集の力で、あの1969年に起った〈奇跡〉が浮かび上がってくるとでも、この映画の監督は安易に考えていたのかもしれないが、どう考えても力不足の演出としか思えない。以前に読んだアンドリュー・スミス「月の記憶」のような、作家自身のとてつもない熱狂的な好奇心が、この映画の作者からは感じられない。
posted by アスラン at 13:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(2000年〜現在) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。