2006年04月19日

上野の森美術館「赤塚不二夫展」(1997年10月11日(土))

 上野の森美術館で「赤塚不二夫展」を見に行く。

 僕らの世代ならば手塚治虫ではなく何より赤塚不二夫のギャグ漫画で育った筈だ。「天才バカボン」「もーれつア太郎」「ひみつのアッコちゃん」などなどキリがない。まだ思い通りの作品が描かせてもらえなかった頃は少女漫画をいやいや描いていたという。それが「アッコちゃん」に生かされている。

 ギャグ漫画を描き出してからは、泉の如くアイディアが湧いて数々のキャラクタを生み出した。なかでもウナギイヌは究極のナンセンスだ。彼も手塚治虫とは違った意味での天才だと思う。

↓クリックの応援よろしく!
banner_02.gif
人気ブログランキング
posted by アスラン at 03:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。