2005年06月04日

1999年6月13日(日) 「メイド・イン・ホンコン」「イフ・オンリー」「25年目のキス」

 金曜日の実験室の移動作業で腹筋を痛めてしまい昨日は休養をとって家にこもっていた。幸い痛みもなくなったので今日はさっそく映画三昧に出かける。

 銀座テアトル西友で「メイド・イン・ホンコン」(no.58)を観る。

 およそ香港映画とはかけ離れた作品だ。「初恋」や「天使の涙」といった破格な青春映画やアウトロー、チンピラなどを扱った作品は幾らでもあるがこのようなインデペンデントな映画は一つもない。

 スターを一切使わない。コメディでもギャングものでもない。シリアスドラマだ。それでいて単なるアートシネマでもない。

 かつての日本のATG、日活青春ものと類似しているが、自殺した女子高生サンの霊が取り付いたというエピソードに一種のロマンスが感じられる。全体的に重苦しさ一辺倒ではなく、香港の現状を象徴する若者のやるせなさが表現されている。

 有楽町シネ・ラ・セットで「イフ・オンリー」(no.57)を観る。

 もう一度あのときに戻れたら彼女とうまくやりなおせるのに…。

 というファンタジーを実現してみせるのがこの映画だ。浮気が元で仲違いして後悔したが後の祭り。彼女は別の男と結婚する。そんな絶望の中で男は浮気を打ち明けた一年前の当日にタイムスリップする。

 ここまでのストーリーの展開が巧い。なにもかもが捨て去られるごみ捨て場で、失意の男は清掃業者のおかしな風貌の二人に魔法をかけられる。

 2度目の彼は慎重に事を運んで彼女の心をつなぎ止める。これでうまく行くはずだったのに、今度は彼女が言いなりの彼に退屈して浮気をしてしまう。それも一度目で結婚するはずだった男とだ。このほろ苦いラブストーリーは結末もまた楽しい。
「スライディング・ドア」とテーマが似ているが、ユーモアとストーリー運びはこちらの方が秀逸だ。

 みゆき座で「25年目のキス」(no.56)を観る。

 私の嫌いなアメリカ的(ということはビバリーヒルズ的)青春映画だ。でもつい観てしまうのはドリュー・バルモアが主演しているからだ。彼女のちょっと不細工だが愛嬌のある顔立ちが、どんなばかばかしいストーリーでも許せるような気にさせてしまうから不思議だ。今回は25才で新聞社の最年少コピー・エディターとなっている彼女が、高校に潜入して記事を書くように命じられる。

 かつては醜いジェーシーと言われ続けた高校生活を送った彼女が、再びやってきた高校生活を素晴らしいものにできるかというのがあらすじだ。ほとんどがドタバタに終始し、青春ものに付き物のご都合主義で話は進行するわけだが、「キャリー」とみまごうような不細工な高校生から、ナチュラルでハイソサエティな女子高生までを何のてらいもなく演じているところが面白い。
posted by アスラン at 00:36| Comment(3) | TrackBack(3) | 大いなる遡行(1999年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アスランさま
こんにちは。初めまして。
TBありがとうございました。
また遊びに寄らせて頂きます。
Posted by Ayu at 2005年06月08日 10:34
Ayuさん、わざわざコメントありがとう。

こちらこそよろしく。
Posted by アスラン at 2005年06月09日 06:03
99年!6年前ですね。
『イフ・オンリー』は同じくシネ・ラセットで、
『25年目のキス』は試写会で観ました。
それ以来大好きになった『イフ・オンリー』、
今でもときどきビデオで観てます。
改めてうちのブログに今日感想文書いたので、
TBさせてください。
Posted by manamizw at 2005年07月07日 21:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4115391
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

イフ・オンリー
Excerpt: IF ONLY (1998年 イギリス/スペイン) @aii-time favorite ちなみに今「イフ・オンリー」でぐぐると今年公開のこの映画が出てきてしまいますが、命救ったりしないほう..
Weblog: befounddead
Tracked: 2005-07-07 22:09

映画「25年目のキス」
Excerpt: 原題:NEVER BEEN KISSED  ??また学園ラブコメに泣かされた?? シカゴで記者を目指すジョシー(ドリュー・バリモア)は、25歳にしてキス体験なしの真面目で勉強一筋に生..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2005-10-15 20:01

25年目のキス
Excerpt: 評価:★6点(満点10点) 1999年 107min   監督:ラージャ・ゴスネル 主演:ドリュー・バリモア デヴィッド・アークエット ジョン・C・ライリー 【あらすじ】ジョジー..
Weblog: Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)
Tracked: 2006-11-24 21:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。