2005年06月22日

1999年2月27日(土)「スネーク・アイズ」「ボクらはいつも恋してる!金枝玉葉2」「BAR(バール)に灯ともる頃」

 新宿ジョイシネマで「スネーク・アイズ」(no.16)を観る。

 ブライアン・デ・パルマの独特な演出で冒頭から目が離せない。

 目まぐるしく動き回るニコラス・ケイジを狂言回しに仕立てて、ショーと化したタイトルマッチの舞台裏を覗き込むようにカメラが入り込んでいく。評判のステディ・カムによる13分間ノーカット撮影は、アッと言う間に終ってしまうから、逆に専門家に解説されなければ見過ごしてしまうほどだ。

 つまりそんな能書きは観客にとってはどうでもいいことだろう。要はノーカットによる効果が、もっぱら緊張感の持続にあって、13分の直後に起る殺人というクライマックスに観客を誘う一手法に過ぎない。

 会場に配置されたカメラが次第に関係者の証言の嘘を暴き立てていく演出の手際もさすがだ。ニコラス・ケイジの鼻につく演技も今回に限っては役にはまっている。

 ただ犯人あてと思われていた筋立てが、実はすぐにネタばらししてしまうのは期待外れだった。前半はミステリー、後半はサスペンスという展開はデ・パルマが敬愛するヒッチコック作品によくあるのだが、ヒッチコックのようなサスペンスの手際は今一つで、中盤からラストまでがちょっと退屈だった。

カチンコ
 本当はさらに隠された謎があって、最後の最後のワンカットが実は映画の中で明確に描かれていない重要な真実にかかわるという話だ。思わせぶりなカットだったから、もう一度見終わってから筋を反芻してみたがよく分からなかった。パンフレットには真犯人を示唆する推理が書かれていた。でもだからどうしたという感じだ。


 シネマミラノで「ボクらはいつも恋してる!金枝玉葉2」(no.15)を観る。

 あの「君さえいれば/金枝玉葉」の続編。

監督はピーター・チャン。主演もアニタ・ユンとレスリー・チャンと、すべて前作を引き継いでいる。

 今でも前作の衝撃は覚えている。

 ゴキブリの視点で始まるコミカルなイントロ。
 男と偽って生活に入り込んできたアニタ・ユンを好きになってしまい、自分がゲイなのではと悩むレスリーという設定のおかしさ。
 エレベーターの箱とスクリーンの余白を効果的に使ったラストシーン。

 すべてが楽しく、全編香港映画のパワーに満ちあふれていた。今回は衝撃はない代わりに安心して見られるシリーズものという感じだ。チャン・シウチョンもカリーナ・ラウもエリック・ツァンも同じ役で出てきて、期待どおりの演技をしてくれる。

 ただコメディ色が強まった分、もうアニタとレスリーの恋にときめかないのは残念だ。

 シネマスクエアとうきゅうで「BAR(バール)に灯ともる頃」(no.14)を観る。

 久々にエットーレ・スコラ監督の作品を観る喜びを味わえる。

 「ル・バル」「マカロニ」「ラ・ファミリア」「あんなに愛しあったのに」、どれもが切なくて温かいイタリアならではのコメディ映画だった。

 今回は主演がマルチェロ・マストロヤンニと「イル・ポスティーノ」のマッシモ・トロイージ。89年の作品ということだから、奇しくも主役の二人ともが他界した事と「イル・ポスティーノ」のスマッシュヒットがなければ永遠に配給されなかったかもしれない。

 兵役中で離れて暮している一人息子トロイージに、父マストロヤンニが会いにくる。しかしなかなか打ち解けない。父と息子とはこうも心が通いあえず反発してしまうものなのか。

 非常に地味で渋いストーリーだが、次第に息子の生活や考え方が見えてきて勝手に失望してローマに帰ろうとする父に、息子は一度は突き放しながら最後には温かく見送るまでを淡々と描いている。
posted by アスラン at 00:20| Comment(5) | TrackBack(1) | 大いなる遡行(1999年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめましてー。
トラバありがとうございました!
「スネーク・アイズ」の最後のワンショット。
だからどうした、って・・・(爆)
見たときは本当にスネーク・アイズの話だったんだなぁと感心しましたよ。
Posted by かおり at 2005年06月22日 06:24
かおりさん、コメントありがとう。

たぶん本編で見落としていたシーケンスがあるのだと思いますが、伏線に気づきませんでした。が、たぶんあのラストカットはお遊びに過ぎません。というのは「本当の黒幕は…」というほのめかしってやつですからね。なんの根拠もない。あるのはスネーク・アイズがあっちからこっちに移動してるって事だけですからね。
Posted by アスラン at 2005年06月23日 01:13
こんにちは。
遅くなりましたがTBありがとうございます。

「BARに灯りともる頃」は、マストロヤンニが亡くなった時に知った映画でした。
本当に淡々としているけど、もうちょっとこの二人のやりとりを見ていたいなぁと思ってしまうんですよね。
Posted by shi-ba at 2005年06月25日 10:24
shi-baさん、コメントありがとう。

マストロヤンニがお好きならば、ぜひエットーラ・スコラ監督の傑作「マカロニ」を見てください。
マストロヤンニとジャック・レモンの二人の夢のように楽しく夢のように心温まる映画です。

Posted by アスラン at 2005年06月26日 22:53
TB有難うございました。


「スネーク・アイズ」はサントラ盤を持っているだけです…
Posted by 存在する音楽 at 2005年06月26日 23:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

お気に入りサントラ
Excerpt: トラックバックステーションのお題「音楽で聴く映画」から。あたしが持っているサントラからお勧めを紹介。   「プリシラ」 ABBAのMamma Miaからヴィレッジ・..
Weblog: あたしの異常な愛情
Tracked: 2005-06-22 06:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。