2005年09月26日

「鉄塔武蔵野線」あるいはもうひとつの「電車男」

 TVドラマの「電車男」が佳境に入ってきた(2005/8/21現在)。毎週念入りに見ているわけでもないのでドラマの出来不出来を言える立場ではないが、僕としては結構面白い方向に原作(あれは原作と言えるのかな?)をもっていったと感心している。

 「がんばっていきまっしょい」の小説・映画・ドラマの比較をしたときも書いたが、メディアのそれぞれの性質が違うのだから、同じものを同じように描いても感動できるとは限らないのだ。たとえばキャスティングひとつとっても、そのドラマの方向性が大きく変わってしまう。

 様々なメディア(映画、舞台、朗読、マンガなど)で様々な「電車男」が描かれたが、僕の見た限りでは「いい男」にヲタクの皮をかぶせるキャスティングが圧倒的だ。つまり原作の秋葉系ヲタクがネット仲間の助言でなんとか見られるファッションや髪型を整えた上で、なお中谷美紀似のエルメスを最後にはゲットできたのには、やっぱり元がそこそこよかったんじゃないの?という勘ぐりと、本当にヲタクそのものではドラマにならないという演出サイドの逃げがあると思う。

 その点、TVドラマの電車男・伊藤敦史は、本人には申し訳ないがヲタク度120%というくらい感じが出ている。彼なしにはこのドラマの成功はなかっただろう。もちろん、彼を起用した上で、エルメス(伊藤美咲)に大きくフォーカスをあてたドラマに再編するという視聴者向けの配慮も忘れない。ここがテレビ局のしたたかさというやつだ。

 それはさておき伊藤敦史とくればなんと言っても、この映画を忘れてはいけない。「鉄塔武蔵野線」である。彼は映画「海猿」でおなじみになり「電車男」でブレイクしたように見えるが、知る人ぞ知る子役からの芸歴をもつ。「とんねるずのみなさんのおかげです」の仮面ノリダーのコーナーでチビノリダーを演じていたのを知る人は多いだろう。しかし電車男・伊藤のヲタク度120%と、何かにひたすら真剣になる一途さ・純情さの原点となっているのは、「鉄塔武蔵野線」の主人公・見晴なのだ。

 小学生最後の夏、見晴は送電線の鉄塔に「武蔵野線72号」というプレートがついているのに気がつく。そしてこれをたどればやがては「武蔵野線1号」プレートがついた鉄塔があるのだろう。そこには何か不思議なエネルギーを生み出す秘密の基地があるのではないか。少年の空想は広がる。やがて日頃弟分にしている年下の暁を引き連れて、二人の鉄塔をたどる冒険の旅が始まる。

 原作は銀林みのる「鉄塔武蔵野線」(新潮文庫)第6回日本ファンタジーノベル大賞受賞作である。著者の銀林みのるは無類の鉄塔オタクで、原作は単なる小説というだけでなく武蔵野線のすべての鉄塔の写真が入り、それぞれ形態別に分類してあったりして楽しい。鉄塔には男型と女型があるとは著者の創見なのだが、映画でも見晴が暁に向かって自慢げに説明するシーンがあって面白い。

 少年たちの冒険には見晴が決めたルールがある。武蔵野線の鉄塔を番号をひとつひとつさかのぼる。たどった証しとして、つぶしておいたビールの王冠を鉄塔の真下に埋めていく。それが少年にとっては冒険そのものであり、ハタ目にはばかばかしくも達成感がある行為なのだ。

 しかしこの冒険は予想以上に大変であることが見ている僕らにも分かってくる。自転車で出た二人を待ち受けていたのは、道なきところを我が物顔に横切っていく送電線と無関係な人を寄せ付けない鉄塔という現実だった。

 ある鉄塔はまわりを高いフェンスで囲われ、ある鉄塔の真下はコンクリートで固められている。広い田んぼの真ん中に鉄塔が立ち、泥だらけになって丈高い稲をかき分ける。挙げ句の果てがゴルフ場の広い敷地内に設置された鉄塔をたどるために、無断進入を試みて係員に追い回されたりする。なんと少年の一途な事だろう。

 武蔵野の田園風景。農家の人影もない夏の日の高い時間帯。ひたすら田んぼを横切る見晴の姿に、おおたか静流の唄「SAJA DREAM」がかぶさる。立ちのぼる陽炎の向こうに幻のような世界が広がっている気がした。忘れていたあの少年の日の熱い思いがこみ上げてくるようなシーンだ。

 やがて二人の冒険は終わる。年下の暁の自転車がパンクし、まだ半分しかたどってないというのに日は落ちてしまった。さらに鉄塔は川をへだてた向こう岸にある。ホームシックにかかった暁を返して見晴は野宿する。

 何故ここまで見晴は鉄塔をたどることに固執するのか?
 何故ビールの王冠を真下に埋めるのか?

 映画では、別居した父との数少ない想い出として、幼い見晴を鉄塔の真下に連れていった父がブーンと聞こえるハム音が鉄塔に秘められたパワーだと教えるシーンが描かれている。母親では埋められない父親への郷愁が、見晴を終着地へと突き動かしている。

 思えば暁と年若いおしゃれな母親との家庭も父親の姿が最後まで見えない。この映画は不在の父親を追い求める少年たちのドラマでもある。1年後の夏に訪れた時、暁の家に人が住む気配がなくなった事が描かれ、不在の父親のテーマがさりげなく強調される。

 4号鉄塔にたどり着く前に鉄塔を管理するパトロールに見晴は保護され、唐突にしかも目的は達成されないまま冒険は終わる。母の実家・長崎で暮らす事になる見晴にとっては永遠の終わりとなるはずだった。しかし1年後見晴の父親が亡くなり葬儀のために上京した彼は、再び4号鉄塔から冒険を再開するのだ。

 1号鉄塔には何があるのか?原作では原子力発電所があるだろうというファンタジーの世界が描かれる。しかも著者の分身である見晴の空想はどんどんエスカレートしていき、暴走を始める。そもそも鉄塔武蔵野線探求というノンフィクションからファンタジーへと方向を急激に変えながら、あくまで少年のひと夏の冒険を少年たちにとって夢のある終わらせ方にしようとする。

 しかし映画では見晴の冒険は単なる夢ではない。すでに中学生になり大人の顔をもった少年が探し求めるのは父の姿だ。亡くなってしまった父はここにはいない。1号鉄塔のある秘密のパワーを送り出す源。そこに父の面影をひたすら求めて見晴は鉄塔の旅を続ける。

 1号鉄塔は、緑深い小高い丘の中の変電所の敷地にあった。しかし今度ばかりはゴルフ場の時のようには忍び込めない。呆然として引き返す見晴はラーメン屋で食事をとる。そして、あぁ、なんということだろう。こんな夢のようなシーンを用意してあるとは…

 いままでほろ苦くせつない少年の旅に寄り添ってきた僕らは、きっとこのシーンで少年と一緒になって夢見るだろう。少年の想いがいっぱい詰まった夢を僕らも一緒になって見るのだ。

 あの少年だった日に帰って。
 あの少女だった日に帰って。

 どんなラストシーンが用意されているかは、ぜひ映画を観て確かめて欲しい。原作しか読んでない方はぜひ映画も観て欲しい。原作は原作として映画はまったく違った感動を用意しているから。
(「カンガルーは荒野を夢見る」2005/08/21記事より転載)
posted by アスラン at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7320482
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。