2005年10月07日

1998年8月14日(金) 「フレンチドレッシング」「チェイシング・エイミー」

 ちょっと寝坊したので渋谷で「ヴィゴ」は間に合わない。予定を変更してユーロスペースで「フレンチドレッシング」(no.125)を観る。

 主役のいじめられ通しの高校生は「ポパイ」などのモデルで有名な(らしい)櫻田宗久。ワンピースが似合ってしまうスレンダーな美少年だ。

 彼を学校の屋上でレイプ(というのかなこれも?)してしまう危ない教師に阿部寛。そして二人の関係に引きつけられ仲間入りする少女マリィに唯野未歩子。こちらはボーイッシュで中性的な感じ。

 彼ら3人が阿部の家で奇妙な同居生活を続ける。たぶんそれぞれの実生活の空しさ・心の空虚さを埋め合わせるように、彼らは架空の家族を作り上げる。それがドロドロとせずにどこか軽さと明るさを漂わせているのは、永遠には続かない「ごっこ」でしかないと分かっているからかもしれない。

 だからこそ現代人とりわけ若者の今を捉えているようである種のリアルさが感じられる。

カチンコ
 やまだないと原作だったんだね。当時は、やまだないとは僕の視野に入ってなかった。
 それと唯野未歩子。最近は監督業まで手を染めるという異才の持ち主。あの「ネイチャーメイド」のCMでクドカンと絶妙の味わいを出してる女優だと、これも今回トラックバック記事を探してググってみて初めて知りました。

 シネ・アミューズで「チェイシング・エイミー」(no.124)を観る。

 漫画家の男性コンビの一人ホールデンは、マンハッタンのコミック・フェアで女性漫画家アリッサを紹介され一目ぼれをする。しかし彼女はレズだと知って大ショック。それでも友達付き合いを始めたが、どうしても我慢出来ず愛を告白する。

 ところが逆にアリッサから「私がレズと知ってて告白するのはずるい」となじられる。それでもどこかで惹かれあって二人は愛し合う。ところが今度はコンビの片割れバンキーが大ショック。彼はどうやら自分では認めたくないがホールデンを愛していたのだ。

 こんなホモやレズの同性愛オンパレードの小粋で楽しくて、そしてせつないラブ・ストーリーだ。

 ホールデンを演じるのが、「グッドウィル・ハンティング旅立ち」の脚本をマット・デイモンとともに書いたベン・アフレックだ。とても愛嬌のある顔立ちだ。マット・デイモンもチョイ役で出てくる。非常に楽しい映画だ。

カチンコ
 この頃、ベン・アフレックとマット・デイモンは共に売り出し中。いろいろとインディーズっぽい映画につるんで出てくる事が多かった。アフレックが「とても愛嬌がある」なんて、その後様々な女優人と浮き名を流す事になるわけだからシャレにならないが、このときはアフレックもデイモンも若々しくともに好青年そのものだった。
posted by アスラン at 01:27| Comment(5) | TrackBack(3) | 大いなる遡行(1998年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。ヤフブロからやって来ました。TBありがとうございますm(__)m。すごい映画のレパートリーですね…。またお邪魔させていただきます(^-^)。こちらもTBさせてください。
Posted by 閑人 at 2005年10月07日 06:10
こんばんは。
TBありがとうございました。

フレンチ・ドレッシング、永遠のごっこ遊び、という表現がとても適切だと思います。
唯野さんはほんと、リアルな女子高生、って感じで好きですし…
あまりこの作品を知っている人がまわりにいなかったので、なんだかうれしいです。

チェイシング・エイミーの記事も楽しく読ませていただきました。
わたしもこの作品のレビュー書いてます♪
ほんと、この頃の二人は好青年でしたよねえ…(遠い目)
Posted by リュカ at 2005年10月07日 21:44
閑人さん、コメントありがとう。
この年(1998年)はホントに年間を通して思う存分映画を観られた、今となっては幸せな時期でした。まだまだありますので、まだ立ち寄ってくださいね。

リョカさん、コメントありがとう。
「チェイシング・エイミー」まで観てるとは握手しましょう(笑)
この2本を観てる人はよっぽどの映画好きかよっぽどの暇人かってことでしょうかね。
これからもよろしく。
Posted by アスラン at 2005年10月08日 01:13
愛を乞うひとTBありがとうございました!
私もこっちが気になったので(笑

彼女の今ドキっぽいお洒落な声が大好きです。
Posted by モリオ at 2005年10月18日 13:04
コメントありがとう、モリオさん。

横断的トラックバックや横断的コメントの方が自分も相手も世界が広がって楽しいですよね。

これからも横トラ(今、命名しました)どしどしやりましょう!!
Posted by アスラン at 2005年10月19日 13:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7808308
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

不可解な三角関係…。 「フレンチドレッシング」 (1998/日本)
Excerpt: <font color=darkturquoise>原作はマンガということですが、原作の内容は知りません。 最初観た時はずっと頭の中に「?」が浮かんでいましたが、この手の展開って他にも結..
Weblog: 閑人の真面目な映画鑑賞日記。(別荘)
Tracked: 2005-10-07 06:11

フレンチドレッシング
Excerpt: フレンチドレッシング櫻田宗久 阿部寛 唯野美歩子 斎藤久志大映 1998-12-25by G-Tools 捉えにくい作品だなあ。 いきなり、いじめを受けている少年が学校の屋上で、男の教師..
Weblog: 菫色映画
Tracked: 2005-10-07 21:46

チェイシング・エイミー
Excerpt: CHASING AMY(1997年アメリカ) @aii-time favorite こないだジョゼ虎を見ていてむかむかしていた私は、じゃあ好きな恋愛映画ってなんだ?と自問したときに、即答で出てくる..
Weblog: befounddead
Tracked: 2005-10-25 05:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。