2009年07月23日

崖の上のポニョ(2009年7月5日(日))

 最近保育園に行くと、携帯のストラップに気づいて「あっ、ポニョだ」と声を掛ける幼児が増えた。もう去年の秋からずっとつけっぱなしだったんだけどな。なにしろ息子を初めてジブリ美術館に連れて行った日に買ったストラップだもの。だけど、この現象は突然でもなんでもない。劇場公開から一年ぶりにDVDが発売になったからだ。

 我が家でもママがコッソリとアマゾンで予約購入した。なんでも注文者が増えれば増えるほど割引率がよくなる買い方を選択したので3800円になったと自慢げだ。理屈はよくわからないが、ほめて欲しそうなので「ママはエラい!」とほめた。

 こう書くと、我が家では息子のために「ポニョ」のDVDを買ったと思われるかもしれないが、実は昨年の夏に家族三人で映画館に足を運んでいる。だから、これは僕ら三人が観るために買ったのだ。

 なぜか最近は宮崎駿作品が公開される度に「本当に面白いか否か」と言う議論があちらこちらでやかましい。どうやら面白いに決まっていると安心して見にくる観客層に対して、かつてのような切れ味はこの巨匠からはとうに失われているのだと、権威をやたら失墜させたがる訳知り顔の連中がことさらに「良くない」と騒ぎ立てるようだ。

 こういう時に僕は「ドクターペッパーの法則」というのを引き合いに出すことにしている。まずい、まずいという世間の評判を真に受けると、自分の好きなモノに出会いそこねて後悔するという法則だ。もちろん僕はドクターペッパーも好きだし、「崖の上のポニョ」も好きだ。少なくとも我が家でも全員がポニョに◎をつけた。だからこそ、DVD発売を楽しみにしてきた。

 もともと映画館で観る映画とは言ってもアニメと実写とでは評価軸が異なる。一律の映画評はできないが、僕は父親の立場からも、映画好きの立場からも、ポニョを評価している。その点で言えば、ポニョはまず親子連れが楽しめる映画だ。その点については過去の宮崎アニメを振り返っても、これほど子供の視点にたった作品はないのではないかと思うくらいだ。

 確かに「となりのトトロ」があるではないかと言う意見はすぐに聞こえてきそうだが、あれは昭和30年代の親たちのレトロな郷愁がなければ、あれほどの国民的作品に化けることはなかったはずだ。「トトロ」は今観てもいつ観ても楽しめる作品だが、それは「親が観ても」というよりは「親が観ると(楽しい)」に支えられている。

 確かに宮崎作品は大人の鑑賞に耐えるアニメであり、「ナウシカ」がヒットして以降、そうであることを要求されつづけた。「もののけ姫」はアニメが実写映画と対等に評価される事を作家自身が望んだ水準の作品であるが、そうであればこそ「壮大なる失敗作」と言っていい。もちろん映画としては、である。

 その後、一度は筆を折るつもりだった宮崎駿が自ら「枯れた」とうそぶいた言葉を撤回した「千と千尋の神隠し」は、自由奔放にアニメーターとしての力量を惜しげもなく出した作品となった。これは日本映画史上空前の大ヒットとなったが、日本映画史に正当に位置付けられる映画でもあった。

 「ハウルの動く城」がどのような経緯で、原作ある童話から宮崎アニメへ形づくられたのかまったく知らないが、いまさら原作の力をかりる事も原作のイメージ通りに描く事も潔くしない巨匠が次に選んだのは「ポニョ」と言う可愛いのか可愛くないのか判然としない魚の女の子だった。この意表を突いたフォルムが発表されてから、どういう内容のものになるのかこれほどよく分からない宮崎アニメも近年めずらしい。

 その得体のしれなさが反映したのか、アニメを観た人の意見が二分される。いや概ね好評だが、「千と千尋」ほどには映画史上を賑わす作品とはならなかった。それでも充分昨年の日本映画の興行収入に貢献したのだけれど。

 実はこんな事をだらだら書きたいわけではない。「ポニョ」は僕にとってはおそらく宮崎アニメで2番目に好きな作品に躍り出た。それだけを言えばいいことだ。一番目は「天空の城ラピュタ」。これがなければ宮崎アニメの本領である動きのある画期的なアニメは世に認められなかったはずだ。「ポニョ」以前の2位は「千と千尋の神隠し」だった。これは映画館で観た後に、その圧倒的なイメージの横溢にため息が出てしまったほどだ。だが、隣の席の女子高生2名が〈圧倒的なイメージ〉をもてあましてしまった様子なのは確かだった。

 そして昨年「ポニョ」と出会った。これは僕の映画人生の中で「かけがえのない宝物」だ。たぶん同じクリエイターとして意識してきたであろう宮崎駿にとっての黒澤明監督が晩年に「夢」を作ったように、「ポニョ」は宮崎駿の「夢」を形にした作品だったように思う。それはまるで短編集のように章立てされ、「夢」のオムニバスのようにキラキラとした独立したお話のように進行する。そして、それはたぶんモチーフの一端を担っている「崖の上に住んでいる宗助」にポニョが会いに行くという漱石作品へのオマージュさえも含まれている。

 淀川さんが映画を観るとき、目で分かる映画が良い映画だと教えてくれた。「ポニョ」は冒頭から豊饒で色遣いが過剰な海の中のシーンから始まる。それは、これから始まるささやかな物語が〈僕のごく私的な想像の世界〉だと作者が告白している事を意味している。あり得ないほど過剰で、宮崎作品にしては精緻さを欠いた描き込みは、それまで捨て去る事がどうしてもできなかった「現実感(リアルさ)への配慮」を捨て去る事の宣言でもあった。だから、ここを読み違えた人たちは必ず、後段の津波の上を女の子の姿になったポニョが走り回るシーンに躓くだろう。

 僕としては何も問題はない。強いて欠点をあげつらうとすれば、ポニョと宗助がママを探しにでかけ、さらにポニョが力尽きて眠りこけてしまってから、最後にポニョが宗助と暮らすことが決まるエンディングのワンシーンまでの間に、作者がどう物語を繋げていくのか、どう絵を動かしていくべきなのかを、おそらく見失ってなんどもなんども考えあぐねた事が透けて見えてしまう点だろうか。事実、NHKで放映されたメーキングのドキュメントで宮崎駿はなんどもエンディングに至るまでの下絵を描き直している。

 それは欠点と言えば欠点だろうが、僕にはオムニバス構成になっているこの作品の単に最後の短編が少々作者の息づかいが聞こえてくるだけで、全体としての楽しさ・すばらしさになんの変わりはないと言いたい。
posted by アスラン at 13:22| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(2000年〜現在) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

20世紀少年 第1章 終わりの始まり(日本テレビ特別版)(2009年7月13日(月))

 日本テレビ特別版というのは、当時映画館で「第2章 最後の希望」が上映されるにあたって、特別に未公開部分の映像も加えた上で再編集したバージョンだそうだ。これを出演者の一人である生瀬勝久が案内役となって冒頭で説明してくれた。ただし、日テレはかつて宮部みゆき原作で空前のベストセラーになった「理由」を完全映画化した大林宣彦の同名の映画を、〈日テレバージョン〉と称して放映した前科がある。

 前科というのはオリジナルの良さを損ねるような、変わった演出を導入したからだ。映像に文字を吹き出しのように覆いまくり、元々の長さをざっくりとカットして、たしか寺田農に案内役をつとめさせていた。ここだ。僕が「理由(日テレバージョン)」を引き合いに出そうと思ったのは。お手軽に話を進める時に姿を現す「案内役」。もちろん過去にテレビシリーズには案内役は重要な役目を果たしてきた。ヒッチコック劇場のヒッチコック自身がそうだったし、それに倣って「世にも奇妙な物語」のタモリが、ヒッチコックになりきるかのように自らの笑いの部分を封印して恐怖とおかしみをもたらす演出は見事と言える。

 だが、「理由」で果たした寺田の役目は、第三者の立場から、当事者の視点で描かれていくオリジナル版の「理由」を手際よく端折る事にしかない。そこに「これはオリジナルとは似ても非なるものだ」とか「こんなのは映画じゃない」と映画ファンにつけ込む隙を与えた事は確かだ。今回の「20世紀少年(日テレ特別版)」も同じように端折る目的があったと言えないか。オリジナル版を見ていないからなんとも言えないのだけれど、途中途中で顔を出す案内役のナレーションで、ああ、またしても話はスルスルと先に先に横滑りしていくのだなぁと感じてしまった。

 まあ、それは置いておくにしても、ここまで原作の漫画を意識して作られていると、いったい映画化する意味はどこにあるんだろう、という気にさせられる。原作は、飲み会の帰りに気分が悪くなり途中下車した駅近くの漫画喫茶でかろうじて第1〜4巻までしか読んでいないので、今回の第1章がそれより先に進んでしまったのか、うろ覚えでよく分からない。ただし、登場する役者が原作の登場人物に印象がそっくりに作られているし、さらには動作や立ち姿までそっくりとなると、もうこれは監督のマニアックな自己満足でしかないのではないかと感じてしまった。オッチョを演じる豊川悦司のはずが、振り返って少し上方を見上げる立ち姿も顔つきも、どう考えても漫画のオッチョ以外の何者でもない。これは、ちょっと異常だ。

 心配なのは、当然ながら三部作の第3章が映画化されるときにも、「第2章(日テレバージョン)」なるものが放映されたりしないのかと。とすると、ミーハーな僕のことだ。またしても録画して寝かせて、おもむろに観てしまうのではないだろうか。でもそこに映し出されるのは、またしても原作に登場する主人公たちそのものであって、映画版「20世紀少年」を生きる役者たちではないような気がするのだ。

 さっさと原作を読んでしまえればいいのだが、今度いったいいつ漫画喫茶に立ち寄るヒマが見つかるのか、心許ない。立川図書館で借りられないものか。
posted by アスラン at 13:03| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(2000年〜現在) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

ロケハン(2009/7/5))

 立川市錦町の、とある民家の庭にて。

背の高い屏を跳び越えて、見事な向日葵が夏に先回りして咲いていた。梅雨の曇った夕方をモノともしないで咲き誇っている…。

ひまわり20090705-01.JPG
posted by アスラン at 12:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ロケハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

監督、犬好きなの?「HACHI 約束の物語」

 リチャード・ギアが「HACHI 約束の物語」のキャンペーンで来日して、渋谷のハチ公とご対面したそうだ。あんなに混雑するところで、よくもまあイベントを結構したもんだと驚いてはみたものの、映画自体にはさして興味もないからスルーしようと思ったら、監督の名前が目に入ってしまった。

 ラッセ・ハルストレム監督。そうなのかぁ。あの「サイダーハウス・ルール」の、いや「ショコラ」の監督さんだ。いや、この〈あの〉の使い方は間違ってるかもしれない。あの「ギルバート・グレイブ」の監督さんと紹介したほうが説得力があるかもしれない。主演がジョニー・デップで、障害を抱えた弟役に、子役としては充分すぎるほどの実力を示してくれたレオナルド・ディカプリオ。そうなのだ、いまあげた3つの映画をみるだけで、非常に個性的な感性で、かつ非常に職人的な才能をもつベテラン映画作家である事は充分わかってもらえるだろう。

 いや、やっぱり、〈あの〉の付け所を間違えている気がする。これは僕的に感じることだけれども。僕にとっては、あの「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」の監督作品という事が重要なのだ。この作品が長編6作目だったそうだが、日本に紹介されたのは、これが初だったと思う。日比谷にあるシャンテ・シネで見たはずだ。当時はスウェーデンの監督はベルイマンぐらいしか思いつかず、珍しい存在だった。作品も監督の個性なのか、スウェーデンという風土によるものなのか、よくは分からないが、ストーリーも登場人物たちの性格も独特な味わいがあった。

 この映画の主人公の少年の、きらきらとした屈託のない性格は「ギルバート・グレイブ」の弟に引き継がれている。この映画にも犬が重要なモチーフで登場する。ソビエトの衛星の乗せられて宇宙の彼方に消えてしまったライカ犬のエピソードが、それだ。少年は、このかわいそうな犬を引き合いに出して、「彼よりは僕は哀れじゃないだろう」と自分の置かれた境遇を納得しようとするところが、非常に印象的だった。

 そうなのだ。ハルストレム監督は、その後ハリウッドに招待されて、米国で映画を撮るようになっていた。そして僕からすると、またしても犬の映画を撮ることになった。犬が好きなんだろうか?そうだろう、そうですよね、監督さん。急に観たい映画に昇格した。ツンカンだ!
posted by アスラン at 12:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ツンカン!(あっ、あれ観たい) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

レンタル100選100円(2009年)

 TSUTAYAがこの夏のキャンペーンで、洋画の名作DVD100本を1本100円(原則として7泊8日)でレンタルさせてくれるそうだ。しかも、このキャンペーン。なんと出版社が毎年行っている〈夏の文庫フェア〉にちなんで100冊ならぬ100本の名作を選んでレンタルしようというものだ。文庫フェアに毎年過敏に反応してしまう僕としては、この企画に思わず「のった!」と声をあげてしまおうと思う。

 TSUTAYAのサイトで100本のラインナップを確認した。調べると、56本はなんとか観ている。何本かはテレビでしか観てないし、テレビで見かけたものでもストーリーをうろ覚えのものは除いた。
その上で、〈記憶の映画〉的ランキングを施すと以下のようになりました。参考にならないかもしれませんが、極私的ラインナップです。

[レンタル100選限定のベストテン]
インディ・ジョーンズ レイダース 失われたアーク
激突!スペシャル・エディション
サウンド オブ ミュージック
ショーシャンクの空に
十二人の怒れる男
タクシードライバー
天国から来たチャンピオン
プリシラ
オール アバウト マイ マザー
風と共に去りぬ


 あくまで100本の中で、僕がベストだと、というよりベターだと思った10本。もちろんマイ・フェイバリットな映画ばかりだ。

[記憶の映画モアベター]
エリン・ブロコビッチ コレクターズ・エディション
クレイマー・クレイマー コレクターズ・エディション
ゴッドファーザー<デジタル・リストア版>
スティング スペシャル・エディション
ニュー シネマ パラダイス 
バック・トゥ・ザ・フューチャー
燃えよドラゴン〜ディレクターズカット スペシャル・エディション
明日に向って撃て!〈特別編〉
ギルバート グレイプ
シックス・センス
初恋のきた道
ラブ・アクチュアリー


 自信をもってオススメできる12本。

[悪くない]

ガタカ
スタンド・バイ・ミー
素晴らしき哉、人生!
SMOKE
ダイ・ハード
25年目のキス
羊たちの沈黙 特別編
フェイス/オフ
マディソン郡の橋 デジタルリマスター版
ライフ イズ ビューティフル
レオン
ローマの休日
アイ・アム・サム
アメリ
カッコーの巣の上で
CUBE ファイナル・エディション
死ぬまでにしたい10のこと
ショコラ
トゥルーマン・ショー
ノッティングヒルの恋人
ファイト・クラブ
フォレスト・ガンプ 一期一会
ブリジット・ジョーンズの日記
ブレードランナー
マトリックス 特別版
メリーに首ったけ
ロード・オブ・ザ・リング
キューティ ブロンド
コヨーテ・アグリー
猟奇的な彼女

 どれも悪くないです。夏に観るなら、どれ観ても楽しめるはず。

[オススメできません]
セブン
プライベート・ライアン
ダンサー・イン・ザ・ダーク
スター・ウォーズ エピソード〜新たなる希望


 個人的な意見ですが、どれも嫌いです。理由を書くと、この4本だけで書ききれないほど書けるので、あくまで個人的な好みと思ってください。監督さんの良し悪しとも別次元です。
posted by アスラン at 12:59| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月30日

少林少女(2008年,日本)(2009年6月28日(日))

 DVDレコーダーに録画してある映画やドラマをどんどん見ないと、次々と来る新しいコンテンツに追いつかない。いつかレンタルビデオで借りてやると、子供の「アンパンマン」や「プリキュア」や「ポケモン」の棚を物色するたびに思案に暮れていた「エヴァンゲリオン・序」もついに地上派で放映されてしまう。借りずに済んだが、昔のテレビシリーズ一挙放映を含めて録画スペースを確保しなければならない。

 映画だけで35時間ぐらいスペースを撮っているので、とにかく見たら消せるヤツを早送りしてでも見てやらねば。そうして「ダヴィンチ・コード」が一丁あがりで、次のねらい目が「少林少女」だ。いきなりオープニングが中国の少林寺本山のようなところから始まって、日本からの修行者・凜(柴崎コウ)が日本に戻るところでタイトルバックが始まるのだが、これがなかなかCGを駆使したせいか、やたらと長いオープニングだ。ここらへんを一気に飛ばそうと思っていた僕としては、ちゃんと見なくてはとなかなか早送りしにくい。そのせいで、子供が風呂から出てきてしまったじゃないか。あとは子供が寝てからだ。

 などと紆余曲折ありながら、なんとか見終わった。あぁ、結構いい加減な出来だなぁ。「踊る大捜査線」の本広克行監督なんだけどなぁ。脚本の問題なんだろうか。ストーリーも中身も、一世を風靡したチャウ・シンチー流のカンフー・エンターテインメントをそのまま日本に移植した、いわば「二匹目のドジョウ」を狙った映画なんだ。それがまずいというわけではもちろんない。昔から「二匹目のドジョウ」タイプの映画は山ほど作られてきたし、その中で面白い映画だってなかったわけじゃない。ただし、やっぱりどこかパクリだけあってB級映画のいかがわしさが漂っているものだ。

 ところが、この映画に関する限り、そういう「いかがわしさ」は感じられない。それはかなり本格的にカンフーアクションをいただいてきているからで、当然ながら演技指導や特撮などは香港の本場のスタッフによるものだろう。それに様々なSFXやCGが取り入れられているのは、もうB級などという言葉が口幅ったいほどの豪華な制作費によるところが大きい。

 そこに柴崎コウという逸材を投入すれば、それなりに見られるエンターテイメントが出来てしまう。だから面白いはずなんだけれど、残念ながら映像はなかなかに凄いが、物語自体はテレビサイズのお手軽さが充満している。

 なんでお師匠を殺しておきながら、最後に和解した仲村トオルは凜たちの試合を応援しに来られるんだよ〜。同じ監督の「スペーストラベラーズ(2000年)」だって、こんないいかげんじゃなかったのに。

 あっ、書き忘れてたけど、実はそれなりに面白かったんだよ、テレビで見ると。やっぱり映画館で観るのとテレビで見るのとでは評価の基準が異なるのは致し方ない。気楽にゴロッと寝転がりながら見る分には、この程度のコメディでも楽しめる。それになんと言っても、柴崎コウ好きだし。
posted by アスラン at 13:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(2000年〜現在) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。